FC2ブログ

ゼアミラヂオ

No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  457

トムとジェリー

日々段々と暖かくなり、虫沸くのが鬱な世阿弥です。
先日、PS3でYOUTUBEを見ていたら、動画一覧にトムとジェリーの絵があり
懐かしさのあまり、三十路過ぎてる癖にクリックしてしまいました。
確かに今見ると古さを感じるけど、暖かみのある絵で
初期の頃の作品は無声に近く、音楽だけで場面を表現していて
今見ても スゲエ! 
      トムとジェリー
幼少期トムとジェリーのアニメのテーブルに並ぶ豪華な食事やぷるんぷるんのゼリーを見て
大人になったらこんな食事をしたいと夢に思ったが、未だに白米を食べてる今日この頃w

トムとジェリーを何本か見たら、疑問が浮かんだ
アメリカなアニメだと言う事は、アニメの中の背景などでわかるが
これだけ有名なトムとジェリーの作者って見たことが無い
調べてみようと検索するとウィキペディアですよ奥さんw

ウィリアム・ハンナさんと (William Hanna) とジョセフ・バーベラさん (Joseph Barbera) って人が
作者だそうです。
名前からするにお二人とも女性?
ウィリアム・ハンナさんは2001年3月21日に90歳で死去
ジョセフ・バーベラさんは2006年12月18日に95歳で死去されたそうです。
ご冥福をお祈りします。

こう言う暖かみのある絵を見てると、今の子供はかわいそうだなと思ったり
物欲を与えるアニメより夢をくれるアニメって日本では少ないですもんね

と物欲100%の男が語る。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<三十路過ぎた親父の行動 | ゼアミラヂオ | ブツブツと>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ゼアミラヂオ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。